おすすめセッション音源シリーズ

おすすめアルバムは何か?シリーズが意外と好評だったので、調子に乗ってセッション版を(笑)
ジェフベックは、自分のアルバムより人のレコーディングに入っている方が生き生きするという最近の噂(笑)がありますが、昔から自分のアルバムでは聴けないような名演がたくさんあります。
自伝などを読むとセッションでのレコーディングはとても多く、知らないレコーディングがたくさんあります。ですので、それらを網羅して選んでいるのではないことと、なにぶんこういうことは好みもありますので、その点を留意してご覧ください。
ただ、おすすめアルバムと同様に、なかなかどれが一番っていえないのです。セッションの演奏をひとつひとつ聴いていってもどれひとつとして、有り体なというかありがちな演奏がありません。ひとつひとつ特徴的でアイデアがあり、ジェフベック独特の演奏になっています。これは、毎回手癖で弾くのではなく、感覚を研ぎ澄ましてアイデアやインスピレーションを得て弾いているからではないでしょうか。そういうことが当たり前にできるのがジェフベックだと言えると思います。

■「Lookin’for Another Pure Love」Stevie Wonder
すぐ聴ける名演ということでは、これでしょうか。Stevie Wonderの大ヒットアルバム「Talking Book」でジェフベックが弾いていると言うのは、マニアでないとご存じないかも知れません。この頃のジェフベックは、The Rock Guitaristって感じでしたから、一般的には、まずスティービーワンダーとジェフベックが結びつかないのではないでしょうか。・・・といっても、2022年現在では、ジェフベックって知らない人多数派なので、そういう話をしても「はぁ?誰?」とかなりそうですが(笑) ともあれ、マニアの皆さんはご存じのジェフベックが一番脂がのっていた、あるいはのりはじめていた頃の名演です。歌のバックでも独特のスライドやオブリガードなのか、バッキングなのか効果音なのか分からないようなギターを弾いていますが、真ん中辺りでソロが始まります。なんとも言えないメローで繊細かと思えば、時に無骨・・・いかにもジェフベックと言った素敵なソロが展開されます。こんなソロは、誰もしません。

この経緯については別のページで詳しく書いていますが、時期的には第二期ジェフベックグループの後期(1972年5月)です。ですので使っているギターはストラトと考えるのが真っ当ですが、どうもレスポールっぽい音がしています。しかもシングルコイルではないか?とすれば、この後、BBAになってからの11月にクリーム色のレスポールスペシャルを弾いている写真があるのですが、それかも知れません。どうでしょう?

■[UPP」UPP
ブローバイブロー直前の時期ですが、UPPの1枚目2枚目は必聴盤です。もうジェフベックのバンドかと思うくらい弾きまくっており、しかも名演揃いです。アイデアがいっぱい浮かんでいたのでしょうね。それをUPPで試してBlow By Blowに臨んだ。そんな感じさえします。
UPPのメンバーの1人、故ジムコープリーは、Charバンドでドラムを叩いていました。当時、ベースが、これも故ポールジャクソンで3人でUPP時代にジェフベックと出会った頃のことを話しているYoutubeがあります(なくなったかも)。それによるとジムのお父さんが音楽関係の仕事で、自宅にプロユースのスタジオつくったそうで、そこに大物ミュージシャン、ストーンズやデビットボウイやが来ていたそうで、ジェフベックもその1人だったそうです。スタジオは2つあり、ひとつはジムのバンドの練習に使われていたそうで、そこに祝わせたジェフベックがジム達がやっていた音に興味を持ったそうです。

UPPのアルバムでは数曲弾いてどれも良いのですが、出色はこれではないかと思います。Give it to You。
このトーキングモジュレーターの面白い演奏は、ジェフベック自身のアルバムでも聴けません(3:40頃から)。
この会話しているような演奏は、ジェフベックのトーキングモジュレーターの原点だそうで、1950年代にピアノをトーキングモジュレーターで演奏し、少女と会話するような演奏(Sparky’s Magic Piano)があるのですが、それをファンク版にした演奏です。

*Upp – Jeff Beck – Give it to You

*ピアノと少女の会話。
Children’s Stories – Sparky’s Magic Piano

*ちなみにジムのソロアルバムではジェフベックが2曲演奏しています。
その1曲がこれ。普通のブルースですが、普通に弾かないところがジェフベックです。
“J Blues” by Jeff Beck w/ Jimmy Copley & Pino Palladino

続く