JEFF BECK ってどういう人なのか

ああなつかしの「ロック3大ギタリスト」

・1944年6月24日イギリス、サーレィ州生まれ。

ジェフ・ベックというギタリストは、いわばロックギタリストのパイオニアの一人です。エリック・クラプトン、ジミー・ペイジ(元レッドツェッペリン)とともに「ロック3大ギタリスト」と昔は言われていました。蛇足ですがこの3人にジミ・ヘンドリックスを加えた4人が、まあ今のロックギターの基礎を作ったといっても過言ではありません。ロックギターのすべてがそこから始まり、あえて言えばそこで終わっていると私は思います。
(用語解説:平成以降はほとんど言われることがなくなっていますが、70年代のロックを語るとき、必ず出てくる話がこの「3大ギタリスト」。昭和40年代以前に生まれたロック好きは知っています)

面白いことに「ロック3大ギタリスト」が3人とも60年代終わり頃にイギリスで活躍したヤードバーズというバンドの出身であり、それからしてもヤードバーズはロックにとって重要な役割を果たしたバンドです。(ヤードバーズを語り始めると3万年くらいかかりそうです。GOLD WAX(バロック出版)という雑誌にずっと連載されています)

ちなみにヤードバーズは、初代エリック・クラプトン、2代目ジェフ・ベック、3代目ジミー・ペイジでベックとペイジは共存していた時期があります。
(厳密に言えばヤードバーズには、クラプトンの前にもうひとりトニートーパムというギタリストがいたのですが、最年少で学生だったため、レコーディングをしないまますぐにバンドを離れたようです)

クラプトン期は本当にブルースを基調にした演奏が多かったのですが、ベックになって音楽性が広がり、ペイジではレッド・ツェッペリン的に実験的な要素が加わりました。最後の方のヤードバーズはまさにレッド・ツェッペリンの予行演習といった感じです。

この3人は出身地も同じで、特にペイジとベックは、ベックのお姉さんが他校にいたペイジを知っていたとかで、「あなたのような音楽好きがいる」ということで高校性の頃から知り合いだったらしく、ヤードバーズ参加については、ペイジ(当時売れっ子スタジオミュージシャンだった)が最初自分が誘われたのを断り、その代わりにベックを紹介したという話です。
70歳を過ぎたまでも仲が良いみたいで、一緒に雑誌に出たりしています。高校性の頃の音楽仲間が、そのままプロになって2人ともロックのパイオニアとしてレジェンドになっているというのは凄いですね。
雑誌の対談などでも、高校の連れ的な会話があったりして、いつまで経ってもギター小僧のマインドをもちつづけているのだなと感じます。
ビートルズもそうですが、この時期のイギリスのパワーはすごいものがあります。