音楽経歴

*セミプロバンド「Tridents」(1963年頃)

*The Yardbirds(1964年~)

ALBUM—For Your Love/Having A Rave Up With The Yardbirds/Over Under The Sideways Down(Roger’s Enginier)
※ヤードバーズのアルバムは、各国からいろんなタイトルで発売されています。

*Solo(1967年頃)

Single—LoveIs Blue/Tally Man/HI Ho Silver Lining

・第一期Jeff Beck Group(1968年~)

ALBUM—Truth/Cosa Nostra Beck-Ola

・交通事故で1年くらい入院生活(1970年頃)

・第二期Jeff Beck Group(1971年~)

ALBUM—Rough And Ready/Jeff Beck Group

・Beck Bogart & Appice(1973年~)

ALBUM—Beck Bogart & Appice/Beck Bogart & Appice Live

・以後ソロ

ALBUM—Blow By Blow(1975年)/Wired(1976年)/Jeff Beck With Jan Hammer Group Live(1977年)/There And Back(1980年)/Flash(1985年)/Jeff Beck’s Guitar Shop(1989年)

Who Else!(1999年)

なんと10年ぶりの新作。そういう人です。
ある雑誌では「10年聴くに耐える作品」とか。おいおい、また10年?
ちなみに私はこのアルバムは、ランキング低いです。

You Had It Coming(2000年)
なんと1年ぶり、今度はベックにしては驚くべき早さの新作。 全部打ち込み系でベックのギターがビンビンうねっています。斬新なのに、どこか第一期の「ベックオラ」を感じさせるようなベックの本質が出ています。

JEFF(2003年)
前作から3年ぶり。やはり、打ち込み系の延長線にあるが、バリエーション豊かで集大成的な内容。アポロ440など旬のプロデューサーとの”流行のコラボレーション”が見られる。ちょっと商業性も意識か。

※コレ以降書けていません。