ロッドスチュワート自伝「ロッド」より。

「俺がジェフベックのことを嫌っているっていう噂がある。だが、俺たちが一緒のバンドにいた2年半のどの段階でも、それ以降でも、そんな事実はない。」

「ジェフベックグループにはかなりの空間があった。つまり、歌手としての俺が、自分の能力を充分に発揮できる広いスペースがあったんだ。」

「ジェフが俺の声をかき消すようにギターを弾いたことは一度もない。彼はいつだって、俺が入るタイミングや声を伸ばすところを感じて、一歩下がって邪魔にならないようにしたかと思うと、その後から大音量で入ってくるタイミングもつかんでいるんだ。」

「最初の頃は、ジョンボーナムとジミーペイジは俺たちの演奏をしょっちゅう見に来ていた。連中がニューヤードバーズをまとめようとしていた頃だよ。」

「ジェフベックグループのセカンドアルバム『ベック・オラ』(ロック・オラというジュークボックス会社の名前を知っていると、この言葉遊びも理解できる)」