Beckology

※曲目リストはあまりに多いので最下段。

Guitar Shopまでのジェフベックの軌跡をたどったというような趣のボックスセット。今は小さなボックスですが、発売当時はジェフベックのギターケースをモチーフにした細長いボックスでした。ベスト盤なのかと思えば、ヤードバース以前のレコード化されていない音源があったり、珍しいセッションなども入っていたりと、どんなコンセプトで選曲をしたのかよく分からないという趣もあるのですが、まあ、レーベルの問題などあるのでしょうね。それにしても、第一期以降の選曲もよく分かりません。偏りがあるようでないようで、Led Bootsが入っていないと思ったら Jizz Whizなんちゅーマニアな曲が入っていたり。な~んか、バランスの悪い選曲だと思いませんか?いったい誰にどのように聴かせようと企画されたのでしょうねぇ~?
ま、しかし、仮にジェフベックのベストを編纂するとして、選曲がとても難しいことは確か。それによう分からんといいながら、このボックス、流して聴いていると意外な曲が流れてきて結構楽しめたりもします。
ただ、「よし、ひとつジェフベックをまとめてざざっと聴いてやろう」という目的でこれを聴くのはちょっと違う気がします。
よく、何を始めに聴けばいいですかなどと聴かれますが、困ってしまいます。時代によってスタイルが全然違うし、それぞれにいいと思うからです。(フラッシュを除いて)
しかし、そういう場合は相手の好みの音楽を聴いてあげて、それに近いスタイルのものから推薦するようにしています。ブローバイブローとTruthとどちらがいいかって比べようがないざんしょ見舞い。

■DISC:1は、トリデンツとヤードバーズ。トリデンツはセミプロみたいなバンドだったそうです。だからこの音源は貴重。でも貴重と観賞は別物です。このCDはいったいどちらを目指しているんでしょう?
この時期のJeff’s Boogieのライブというのを聴いたこと無いですが、ここでもやはりスタジオ盤。最後の方はソロのシングルですね。

■DISC:2は、第一期からBBAまで。第二期でI ce cream cakeが入ってなくてI Can’t Give Back The Love I Feel For Youが入っているのが不可解。Got the feelingも入れたい。BBAでは、I’m so proudも入れて欲しかったし、ここにJeff’s Boogieを入れる方がいいんじゃないのかなぁ。SuperstitionもLiveの方が、個性的でいいかも。Jizz Whizは、インタープレイ的な演奏、あるいは後期のBBAということで選ばれたのかも知れませんが、この曲は結局リリースされずじまいの曲だし、幻のBBA2アルバムと呼ばれているブートレグに入っているしか聴けなかった曲(このCDとは別テイク)だし、結構マニアックだと思います。また、このBlues Deluxe/BBA Boogie (Live)もレイボーシアターのライブで、ブートレグでしか聴けなかった演奏なので貴重です。

■DISC:3は、Blow by blow以降。Blow by blowからは、Cause We’ve~とDiamond Dust の2曲だけ。この2曲はいいにしても、You know what~かShe’s a womanかScatter brainのどれかを入れて欲しいという気もします。There and backからは The Pumpだけ・・・だけ。その後フラッシュとセッションがたくさんはいっているんですが、Back On The Street、Sleep Walk が解せません。Sleep Walkなんかはサント&ジョニーのほぼ完コピだし、Back On The Streetは演奏自体がたいした物では無いというきがするし、ジェフベックの活動の中でほとんど意味性のないものだと思うので、どうしてこれが選曲されたのでしょうかねぇ、何か特別に意味があるのでしょうか。
最後の2曲は、Guitar shopからですが、このアルバムからももう1~2曲いれるべき曲があるように思いますが、どうしてセッションがこんなにたくさん入っているのでしょう。それならUPPのセッションやスティービーワンダーのセッションの方がいいと思うのですがねぇ。
とまあ、勝手なことを書いていますが、こういうCDは版権などのしがらみもあり、なかなか思うようにいかないのかも知れません。
しかし、理由は、どうあれ、このCDを聴けばジェフベックがひととおり分かるというようなものでないことは確かです。
Disc: 1
1. Trouble In Mind – The Tridents
2. Nursery Rhyme (Live) – The Tridents
3. Wandering Man Blues – The Tridents
4. Steeled Blues – The Yardbirds
5. Heart Full Of Soul – The Yardbirds
6. I’m Not Talking – The Yardbirds
7. I Ain’t Done Wrong – The Yardbirds
8. The Train Kept A-Rollin’ – The Yardbirds
9. I’m A Man – The Yardbirds
10. Shapes Of Things – The Yardbirds
11. Over Under Sideways Down – The Yardbirds
12. Happenings Ten Years Time Ago – The Yardbirds
13. Hot House Of Omagarashid – The Yardbirds
14. Lost Woman – The Yardbirds
15. Rock My Mind – The Yardbirds
16. The Nazz Are Blue – The Yardbirds
17. Psycho Daisies – The Yardbirds
18. Jeff’s Boogie – The Yardbirds
19. Too Much Monkey Business (Live) – The Yardbirds
20. The Sun Is Shining (Live) – The Yardbirds
21. You’re A Better Man Than I (Live) – The Yardbirds
22. Love Me Like I Love You (Live) – The Yardbirds
23. Hi Ho Silver Lining – Jeff Beck
24. Tally Man – Jeff Beck
25. Beck’s Bolero – Jeff Beck
Disc: 2
1. Shapes Of Things – Jeff Beck Group
2. I Ain’t Superstitious – Jeff Beck Group
3. Rock My Plimsoul – Jeff Beck Group
4. Jailhouse Rock – Jeff Beck Group
5. Plynth (Water Down The Drain) – Jeff Beck Group
6. Drinking Again – Jeff Beck Group
7. Definitely Maybe – Jeff Beck Group
8. New Ways Train Train – Jeff Beck Group
9. Going Down – Jeff Beck Group
10. I Can’t Give Back The Love I Feel For You – Jeff Beck Group
11. Superstition – Beck, Bogert, Appice
12. Black Cat Moan (Live) – Beck, Bogert, Appice
13. Blues Deluxe/BBA Boogie (Live) – Beck, Bogert, Appice
14. Jizz Whiz – Beck, Bogert, Appice
Disc: 3
1. Cause We’ve Ended As Lovers – Jeff Beck
2. Goodbye Pork Pie Hat – Jeff Beck
3. Love Is Green – Jeff Beck
4. Diamond Dust – Jeff Beck
5. Freeway Jam (Live) – Jeff Beck
6. The Pump – Jeff Beck
7. People Get Ready – Jeff Beck & Rod Stewart
8. Escape – Jeff Beck
9. Gets Us All In The End – Jeff Beck
10. Back On The Street – Jeff Beck
11. Wild Thing – Jeff Beck
12. The Train Kept A-Rollin’ – Jeff Beck
13. Sleep Walk – Jeff Beck
14. The Stumble – Jeff Beck
15. Big Block – Jeff Beck
16. Where Were You – Jeff Beck