1975年 World Rock Festivalのゲストとして来日


Blow By Blowツアーの一環として来ました。メンバーは、キーボードはお馴染みマックスミドルトン、ドラムがあのバーナードパディ、ベースがジャズシーンではお馴染みのウィルバーバスコム。ベックにしてはちょっと軽めのリズム隊ですが、ファンキーにかけてはピカイチでした。私は、同時体験していないのですが、友人は京都公演に行って、結局ベックの風邪でキャンセルになり、見れませんでした。京都をベースに活躍する豊田勇三さんの歌で「ジェフベックは来なかった」というのがあります。で、仙台もキャンセルになり、ベックは結局、札幌、東京、名古屋の3カ所だけの公演でした。しかし、この時は、風邪にもかかわらず素晴らしい演奏を繰り広げました。一応3つともブートレグででています。特に名古屋公演のがお奨めです。

インストのライブになるとベックのギターが、異常なほど唐突に聴こえて、一種の違和感さえ感じます。しかし、それが快感にかわるのにあまり時間はかかりません。人間一度味をしめるとなかなかぬけられないものです。この違和感こそが、ベックのツボです。

この時はトーキングモジュレーターを結構使っており、あれでSuperstitionを歌う?のが圧巻です。また、このツアーでのチェックポイントは、インストにも関わらず第二期のナンバーをやっていることです。Definitely maybeとGot the feeling。特に後者は、ボーカルのパートもギターで弾いているのでちょっとわざとらしいですが、ソロのパートになるとファンキーで素晴らしい演奏です。このあたり、BBAが間に入っているにもかかわらず第二期からつながっており、第二期当時の音楽の先進性が分かるところです。また、この時、スタンリークラークの曲もやっているのですね。この辺から、スタンリーとの交流が生まれてきたのでしょうね。


[よもやま話のインデックスへ] [すすむ]