SESSIONS

1)You Never Know 2)Stop,Look And Listen 3)Untitled Jam #1 4)Untitled Jam#2 5)Untitled Jam #3 6)Honky Tonk Woman 7)Sympathy For The Devil 8)Dead Flowers 9)Shine A Light 10)Little Red Rooster 11)Come On,Don't Stop 12)Working Demo #1 13)Working Demo #2 14)Working Demo #3

サイモンフィリップスとダグウィンビッシュとともに行ったスタジオセッションとミックジャガーのソロアルバムのセッション。それにフラッシュのアウトテイク。最初の方のサイモンフィリップスは、間に合わせのドラムセットなのか、シングルバスです。しかし、なじみの曲のリハーサルやその場でリフを考えてつくっていく過程が聴けて面白い内容です。こういうのを聴くと彼らの技術の高さが分かります。ステージの何倍もうまい感じです。特にライブではともすればラフでミストーンなどの多いジェフベックですが、リラックスしたリハーサルでは難しいリフもさりげなくキレイに弾いています。

1)-5):1986 Electric Ladyland Studio Session 6)-10):1987 VTR Session,With Mick Jagger)

11)-14):1985 "FLASH"Out Take