BROKEN WIRED/JEFF BECK
1.Oh,Year?
2.Darkness/Earth In Search Of a Sun
3.You Know What I Mean
4.Scatterbrain
5.Freeway Jam
6.Earth(Still Our Only Home)
7.Diamond Dust
8.Full Moon Boogie
9.Sophie
10.Led Boots
11.Blue Wind

ヤンハマーグループとのライブ。
全般的にユニークな演奏が多く、Sophie
も聴けるほか聴きどころ満載です。

 ヤンハマーとのライブのブートレグはいろいろ出ていますが、これは比較的初期の演奏だと思います。オーディエンス録音ですが、サウンドボードかと思ってしまうくらいクリアでバランスの良い音で、ジェフベックのギターのタッチなどもよく聞こえます。ヤンハマーとジェフベックの音が、前面に出てステレオの音場もきれいに分かれており、観客の話し声も聞こえまさに会場にいる気分で楽しめます。演奏の方も、とびきりスペシャルな場面はないですが、結構面白い内容です。
 ただ、ツアーの初期のためか、公式ライブの演奏に比べるとまだ、固まっていないようなところもありますが、それを発見できるのもブートレグの楽しみのひとつです。
 またこのCDの特徴としては、Sophieが聴けるのが珍しい。また、Blue Windは、まだTrain Kept A Rollin'のないバージョン、You Know What I Meanもまだ発展途上なアレンジ、逆にLed Bootsは、結構激しい演奏になっています。Full Moon Boogieは、公式ライブより」さらにトーキングモジュレータを駆使しています。

1.Oh,Year?
オープニングのOh!Yeah!は、機材の調子が悪いのかオープニングの割にいまいち演奏がぎこちなく威勢が悪い。

2.Darkness/Earth In Search Of a Sun
後半から入ってくるベックのギターがまだどう弾くかを迷っている感じがなくもなく、荒々しい。

3.You Know What I Mean
この曲は、後の方ではハイスピードで雑に演奏されていたのですが、この頃はまだ、比較的丁寧です。というか、まだちゃんと演奏スタイルが固まっていないような節があり、スタジオ盤でテーマに被ってくるギターのパートをヤンハマーがおまけみたいに弾いていたりします。でも、個人的にはスピードが速すぎますね。この曲の間のあるファンキーなノリがなくなってしまっている。

4.Scatterbrain
ヤンハマーのソロがやたらと長いのですが、よく聴くと途中からジェフベックがバッキングを弾いていない。ヤンハマーが何度かテーマに戻ろうとしたり、フィドルがテーマを弾きかけたりするのでが、ヤンハマーのソロが惰性で続いているって感じです。ギターのトラブルで交換しているのか、入るタイミングが解らなくなったのか。なんとなく後者の雰囲気。

5.Freeway Jam
この曲になってくるとジェフベックのギターが水を得た魚のように、俄然生き生きしてきます。音がクリアなので、感覚的な演奏がとてもよく分かりスリリングです。

6.Earth(Still Our Only Home)
これもファンキーなノリにベックの感覚的なギターが堪能できます。ソロが始まったところで、フケンシーモジュレーターの異常な音とノーマル音を使い分けながら、間のある演奏で非常にスリリング。ジェフベックの演奏の醍醐味です。

7.Diamond Dust
これはどのライブでも比較的安定した、悪く言えば同じような演奏。ここではソロは1コーラスだけになっています。

8.Full Moon Boogie
トーキングモジュレータでSuper Stitionを演奏したり、ちらっとRock My Prim Soulを弾いたりでおっと思わせます。公式ライブに比べると、トーキングモジュレーターをさらに駆使しており、コーラスのバックや通常のバッキングなどでも使っています。

9.Sophie
この曲が、こんなにきれいな音で聴けるのはうれしい。他のブートでも収録されていたりしますが音が悪かったりしていたのでうれしい。ただ、演奏はとりたててどうこういうことのない演奏です。

10.Led Boots
どのライブでもスタジオ盤を超える演奏がきけない曲です。だいたいがスピードが速すぎたり、ジフベックのソロのところがはじけてなかったりします。この演奏もスピードは相変わらず速いのですが、ベックのギターはかなり炸裂しています。もうハードロックの域に入っています。そういう面では珍しい演奏と言えるかも知れません。

11.Blue Wind
この頃はまだ途中にTrain Kept A Rollin'が挟まっていない。ソロもスタジオ盤に近いフレーズから発展させていたり、なんとなく注意しながら無難にこなしている感がなくもない。


2005.6.12